高血圧患者は必見!塩分の摂取量はどこまで減らすべきか?

減塩の画像

皆さん、食事で減塩はできていますでしょうか?

現在、高血圧症ではない方も、日本人に(特に高齢者に)これだけ高血圧患者が多いことを考えると、予防を考えて塩分は極力控えるべきです。

食塩の摂取量は1日何gまでにすべきか?

では、どこまで減塩するのが良いのかと言う点について考えてみましょう。

結論から言うと、日本高血圧学会では、高血圧患者には食塩摂取量1日6g未満を推奨しています。

また、日本人の食事摂取基準 |厚生労働省によると、男性は食塩摂取量1日8g未女性では1日7g未満を目標値としています。

しかし、「平成27年「国民健康・栄養調査」の結果」によれば、実際の日本人の1日の食塩摂取量の平均値は、10.0g であり、成人男性の平均食塩摂取量は11.0g、成人女性では1日9.2gで、1日6gからするとかなり摂りすぎていることが分かります。

上記の数値はあくまでも全体の平均値です。

高血圧症の方は食事で塩分をなるべく控えている方が多いと思いますので、高血圧症の方だけを対象に調査をするともう少し摂取量の平均は下がると思われますが、それでも1日6g未満に抑えられている方は少ないのではないでしょうか。

ある調査によると、1日1g減塩をすると高血圧患者の場合は収縮期血圧(上の血圧)が約1mmHg、拡張期血圧(下の血圧)が約0.5mmHg下がり、これは血圧値が高ければ高いほど下がりやすいと言う報告があります。
(※ N Engl J Med.2001;344:3-10)

この調査結果を「塩分を控えることでそれほど血圧が下がるのか」と感心された方もいれば、中には「減塩は効果があるとよく言われているが、塩分を控えてもその程度しか下がらないのか」と逆にがっかりされた方もいるかと思います。

様々な考えがあると思いますが、高血圧症を改善したいのであれば、できる事を少しずつやっていくことが重要です。

高血圧症でお悩みの方は、まずは毎日の食事で塩分を控えることを強くおすすめします。

塩分が不足することで悪影響となることはないか?

塩の画像

近年、様々な意見がメディアで集まるようになり、塩分を控えることに対して批判的な意見も目にすることもあります。

例えば、私が少し前に見た記事では「過度の減塩により脱水症状が出やすくなったり、認知機能が低下する」と言う事が書かれていました。

これについてはどうでしょうか?

確かに、特に高齢者では、身体の水分の割合が少ないため、減塩により水分量がさらに減少し脱水しやすくなる傾向があります。

また、過度な血圧低下により認知症を発症しやすくなると言う文献は確かに存在します。

しかし、日本人の通常の食事で摂取する塩分量を、1日6g未満に控えることはなかなかできることではありません。

そして、減塩により低血圧になることがあれば、通常は血圧を抑える薬が中止になったり減量になるはずです。

それはむしろ、薬の要らない生活を取り戻したと言うことであり、歓迎すべきことなのではないでしょうか?

低血圧により認知症になりやすくなると上述しましたが、「久山町研究」では、高血圧、特に中年期の高血圧が、高年齢期の血管性認知症の発症の危険性を上昇させると報告されています。

つまり、過度の減塩でも認知症になりやすくなる危険性がありますが、高血圧でも認知症の危険性が上昇すると証明されています。

高齢者の脱水に対しては、「夏場は日差しの強いところに長時間居ない」、「こまめに水分補給する」などの対策が必要であり、塩分を少し多めに摂っていれば脱水を防げると言う訳ではないです

また、減塩による悪影響を考えるのであれば、塩分が悪影響を及ぼす疾患にも目を向けるべきです。

塩分が悪影響を及ぼす疾患には、以下のものがあります。

塩分の摂りすぎで血圧が上昇したり、動脈硬化が起こりやすくなると言うことは有名ですが、胃癌や骨粗鬆症にもなりやすくなると言うことはなかなか想像できない事だと思います。

このように、塩分の摂りすぎでも悪影響を及ぼす疾患はたくさんあるのです。

ただし、「高血圧治療ガイドライン2014」では、食塩の摂取量を極端に減らすことで、腎不全や心血管病疾患の発生がむしろ増加すると言う報告があり、食塩制限1日6g未満とするが、1日3g未満への制限は推奨しないとされています。
(心血管疾患とは心臓・血管などの循環器における疾患で、心筋梗塞や不整脈などが該当します。)

1日3g未満と言う食塩量は、普通の食塩摂取制限ではまず起こりうるものではありません。

カップラーメンは1杯で約5gくらいの塩分が入っています。

結論としては、塩分の摂取量に対して過剰に心配をする前に、目標とする以下の水準まで減塩をすべきだが、常識外れな極端な塩分制限はすべきではないと考えます。

  • 男性では1日8g未満
  • 女性では1日7g未満
  • 高血圧患者では1日6g未満

塩分を控える際の注意点

注意点

ただし、急激な減塩は様々な悪影響が出ることがあるため避けるべきです。

特に高齢者では急激な血圧の低下によるふらつきなどが起こりやすくなったりしますので注意が必要です。

徐々に薄味になれていく事が重要です。

具体的には

  • だしはなるべく天然のものを使う
  • 酸味や香辛料を活かして塩分控えめでも物足りなさを解消する
  • 味噌汁などは具材を多めにして汁を少なくする
  • ラーメンなどの汁は残す
  • 漬物は浅漬けにする
  • 食塩を多く含む練り製品や加工食品はなるべく控えでしょうるようにする
  • しょうゆやソースなどの調味料はかけて食べるよりも、つけて食べる方が食塩の摂取量が少なく済みます

などのように無理なくできることから始めましょう。

もし、どのように塩分を控えていくべきかお困りになることがあれば、かかりつけの医師や栄養士に相談してみると良いでしょう。

 

以上、「高血圧患者は必見!塩分の摂取量はどこまで減らすべきか?」でした。

記事を書き続けれるのはあなたのクリックのおかげです(^^♪


下のバナーをクリック!
にほんブログ村 病気ブログ 高血圧症へ
にほんブログ村
こちらもお願いします!

高血圧症ランキング


バナーをクリック応援よろしくお願いします^^

減塩の画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 3 =