高血圧症にトクホは有効か?

考える人の画像

ドラッグストアなどでは「血圧が高めの方へ」などと謳った健康食品をよく目にしますね。

特定保健用食品」、いわゆる「トクホ」です。

店頭で「トクホを試したいんだけど、どんなのがいいの?」などと声を掛けられる事があります。

しかし、そのような方の多くの方は血圧を聞くと「上の血圧が大体160くらいかな~」などとおっしゃいます。

今回はこのような方にトクホが有効なのか解説します。

高血圧症の方に特定保健用食品(トクホ)は有効なのでしょうか?

 

まず見て頂きたいのは、以下の成人における血圧値の分類です。

成人における血圧値の分類

(※ 日本高血圧学会「高血圧治療ガイドライン2014」より作図)

図では分かりにくい方もいらっしゃると思いますので記述すると、分類のそれぞれは上の血圧と下の血圧がそれぞれ以下の範囲を指します。

  • 至適血圧    <120     かつ    <80
  • 正常血圧    120-129  かつ/または   80-84
  • 正常高値血圧  130-139  かつ/または   85-89
  • I 度高血圧   140-159  かつ/または   90-99
  • II 度高血圧   160-179  かつ/または   100-109
  • III 度高血圧   ≧180   かつ/または   ≧ 110

ここには無いのですが、孤立性収縮期高血圧と言うものがあり、これは拡張期血圧(下の血圧)は90mmHg未満であるのに、収縮期血圧(上の血圧)が、140mmHg以上ある場合を指します。

孤立性収縮期高血圧も立派な高血圧症になります。

高血圧症の診断では、年齢や腎疾患の有無、診察室血圧、家庭血圧なども考慮するため、この表のI度以上の高血圧または、(孤立性)収縮期高血圧に該当したとしても、全ての方がすぐに高血圧治療の対象になると言うわけではありません。

しかし逆に、I度以上の高血圧または、(孤立性)収縮期高血圧に該当していなくても、高血圧治療の対象になることもあります。

上記の結論を書くと、高血圧症と診断される方は医師の指導に従って高血圧治療がなされなければいけません。

トクホは医薬品と違い、血圧を下げる効果が緩徐であるため、高血圧症と診断された方が、それのみで血圧を下げるのは困難です。

トクホは、血圧が正常範囲内で高めの方が使うのには有効だと言えます。

つまり、上記の区分で言うと、至適血圧正常血圧正常高値血圧に該当する方が高血圧症の予防などの目的で使用するのには有効だと言えます。

現在高血圧の治療中で、医師からお薬を処方されている方は、トクホと併用することにより低血圧が起きたり、相互作用等により有害な影響がでることがあるため、医師や薬剤師に相談の上で使用するようにしてください。

もし、I度以上の高血圧もしくは、孤立性収縮期高血圧に該当する方で受診をされていない方は、トクホを検討する前に受診することをおすすめします。

 

以上、「高血圧症にトクホは有効か?」でした。

考える人の画像

健康な人生を送りたいなら。「トクホ」のヘルケア


ヘルケアは、2016年血圧サプリ売り上げ第1位! 継続率は驚異の92%!
多くの方に選ばれて、その効果に満足された上で継続されています。
「味」や「飲みやすさ」などを確認し、最もお安く購入するにはお試し用を購入された後、30日分を初回半額で購入されるのがお勧めです。




30日分の初回半額はこちら



まずは7日分のお試し用


ヘルケアに関するご質問完全無料の健康相談を「お問い合わせ」より受け付けております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

15 − 6 =