減塩の血圧を下げる効果には個人差がある!?

塩の画像

前回、「高血圧患者は必見!塩分の摂取量はどこまで減らすべきか?」と言う記事を書きましたが、今回は減塩の効果には個人差があることを書いていきたいと思います。

と聞くと、

「減塩しろと言う割には、減塩しても効果がない場合もあると言うことか」

と思われた方もいるのではないでしょうか?

これについてもきちんと説明しますので、最後までお付き合いお願いします。

食塩感受性とは何か?

まずは、皆さんは「食塩感受性」と言う言葉をご存じでしょうか?

これは簡単に言うと、食塩感受性の高い方は食べた塩分を体内に溜めておこうとする傾向にあり、食塩摂取により血圧が上がりやすい性質を持っています。

食塩感受性は、遺伝的要素、肥満、年齢、性別、人種、腎障害の有無などに関連があると言われています。

国立循環器研究センター腎臓内科の木村玄次郎氏らの調査によると、食塩感受性高血圧の場合、食塩非感受性高血圧と比較すると、心臓の左室肥大(※1)や重い心臓病脳血管障害(※2)を発症するリスクが2倍以上になると報告されています。
(※1 左室肥大とは、肺以外の全身に血液を送る機能を持つ左心室の壁が、高血圧症などが原因で厚く肥大した状態。左室肥大は狭心症や心筋梗塞、心不全などの原因となります。)
(※2 脳血管障害とは、脳梗塞や脳出血などを言います。)

日本人は食塩感受性高血圧の方が多いので、私たちにとって減塩は重要な課題となります。

また、慢性腎臓病を伴う高血圧患者では、食塩感受性が高まっていることが多く、減塩による血圧低下が大いに期待できます。

食塩感受性が低い方も減塩はすべき

食塩非感受性」とは、逆に食塩を摂取しても血圧が上がりにくい性質を言います。

食塩非感受性の方であれば、減塩をしなくてよいのでしょうか?

これに関しては様々な意見があるかと思いますが、結論から言うと、私の見解は「No」です。

なぜそうなのかと言うと、食塩感受性は相対的なものであると考えるからです。

北村記念クリニックの安東克之氏も、「食塩感受性は「あり」「なし」できれいに二分されるものではない」とおっしゃっています。
(※参考 日経ドラッグインフォメーション2017/4 P18)

分かりやすく説明すると、例えば、ある集団が一定量の食塩を一定期間摂取し続けたとしても、3%しか血圧が上昇しない場合もあれば、15%も血圧が上昇する場合もあります。

大事なことは、食塩感受性が低い場合でも3%は血圧が上昇すると言うことです。

高血圧患者さんが、少しであったとしても血圧が上がっていいと言うことはありません。

そして、安東克之氏は、「患者ごとに食塩感受性の有無を臨床的な特徴から予測することは難しい。また幾つかの因子は時間とともに変化する。」ともおっしゃっています。
(※引用元 日経ドラッグインフォメーション2017/4 P18)

つまり、医師が診察において食塩感受性がある方と、そうではない方を判断することは困難で、食塩感受性に影響を与える「体重」や「年齢」、「腎機能」などは時間の経過とともに変動しやすいため、ある一時点での状態はその後の状態の参考になりにくいと言うことがあります。

たまたま、若い時に食塩感受性が低く、食塩を摂取しても血圧が上がりにくかったとしても、高齢になれば食塩感受性は高くなるかもしれないのです。

このことから、高血圧患者であれば、やはり全ての方が減塩はすべきだと考えます。

 

以上、「減塩の血圧を下げる効果には個人差がある!?」でした。

記事を書き続けれるのはあなたのクリックのおかげです(^^♪


下のバナーをクリック!
にほんブログ村 病気ブログ 高血圧症へ
にほんブログ村
こちらもお願いします!

高血圧症ランキング


バナーをクリック応援よろしくお願いします^^

塩の画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − fourteen =