そもそも血圧とは何か?

血圧の画像

前回は、日本人にどれだけ高血圧症の方が多いかと言う事を書きました。
(前回の記事「日本人の3人に1人が高血圧と言う事実」

血圧を下げるためには、まずは血圧がどのようなものであるのかと言うことを知るべきです。

今回は、知っているようで意外に知らない「血圧とはどういうものか」と言う事を投稿したいと思います。

血圧の仕組みについて

そもそも血圧とはどのように定義されているのでしょうか?

平たく言うと、血圧とは血液が血管壁を押し広げる圧力のことを言います。

では、具体的のどのように定義されているのかと言うと以下のようになります。

心臓はポンプ機能により、心臓から血管に血液を送り出します

このときの血液の量を「心拍出量」と言います。

また、血液が全身を流れる時の流れにくさを「抹消血管抵抗」と言います。

血圧は心拍出量末梢血管抵抗により決まります。

血圧=心拍出量×抹消血管抵抗

つまり、心臓が大きく収縮している時や血液が血管を流れにくくなっている時は血圧が上がりやすくなっていると言えます。

心拍出量やら抹消血管抵抗と言うと難しく感じるかもしれませんが、例えば、激しい運動をした時に血圧が上がるのは、血管が収縮することで血液が流れにくくなるので抹消血管抵抗が上がり、心臓が体中に酸素を巡らせるために血液を大量に送ろうとするため、心拍出量が増大するためです。

「上の血圧」「下の血圧」とは何か?

心臓がポンプ機能により収縮することで、血管に高い圧力がかかります。

この時の血圧が収縮期血圧(最大血圧)で、いわゆる「上の血圧」です。

逆に、心臓が拡張した時には、全身の血管から血液を吸い上げます。

この時の血圧は拡張期血圧(最小血圧)で、通称「下の血圧」です。

高血圧が及ぼす悪影響

実際には、心臓から送り出された血液が全て血管から各臓器などに流れると、臓器などに障害が起こりやすくなります。

それを防ぐため、弾力性をもつ血管が膨らむことで臓器などへの負担を軽くしています。

しかし、血圧が高い状態を放置することで、動脈は血圧に耐えるために血管壁が厚くなっていき、細い血管では血管内が細くなっていき、太い血管では血管が硬くなっていきます。

これが、動脈硬化です。

動脈硬化を起こすことで、血管内がさらに狭くなり、より高血圧になります。

このようにして悪循環を繰り返してしまうのです

動脈硬化は様々な臓器に障害を起こしやすくなります。

特に、腎臓心臓は高血圧症により障害を受けやすい臓器です。
(関連記事 高血圧症の合併症はこれほど恐い!高血圧症を放置した顛末

高血圧を予防し、改善することでそのリスクは遠ざけることができ、今後の生活の質を大きく変えることができます。

 

以上、「そもそも血圧とは何か?」でした。

血圧の画像

健康な人生を送りたいなら。「トクホ」のヘルケア


ヘルケアは、2016年血圧サプリ売り上げ第1位! 継続率は驚異の92%!
多くの方に選ばれて、その効果に満足された上で継続されています。
「味」や「飲みやすさ」などを確認し、最もお安く購入するにはお試し用を購入された後、30日分を初回半額で購入されるのがお勧めです。




30日分の初回半額はこちら



まずは7日分のお試し用


ヘルケアに関するご質問完全無料の健康相談を「お問い合わせ」より受け付けております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

eleven − ten =