日本人の3人に1人が高血圧と言う事実

統計の画像

当ブログの第一回目の記事となります。

高血圧患者は国内にどのくらいいるのかご存じでしょうか?

まずは、どの程度の方が高血圧症であるのかを解説したいと思います。

高血圧患者は国内でどの程度いるか?

少々古いデータになりますが、NIPPON DATA2010および平成22年国勢調査より高血圧患者は国内に約4300万人いると推計されています。

その内、男性が約2300万人、女性が約2000万人だと言われています。

日本人の人口が2010年に約1億2800万人と言うことから計算すると、実に日本人の約3人に1人が高血圧症であることが分かります。

これは生まれて間もない赤ちゃんも含めての割合で、分母を成人だけで考えると、より驚異的な割合になることは明確です。

高血圧治療を受けている患者の割合

高血圧症の方がいかに多いかと言う事は分かりました。

では、そのうち高血圧治療を受けている患者はどの程度いるのでしょうか?

厚生労働者の「平成26年患者調査の概況」によると、高血圧性疾患の総患者数(継続的な治療を受けていると推測される患者数)は1,010万800人とされています。

性別にみると、男性445万人、女性567万6,000人となっています。

このことから多くの方が高血圧症でありながら、治療を受けずに放置していると言うことが分かります。

これを読むと「それだけ多くの方が高血圧を放置しているのであれば、自分も放置しても大丈夫なのではないか」と思われた方も中にはいるのではないでしょうか?

また後日記事にする予定ですが、高血圧症は放置することで自覚症状がほとんどないまま動脈硬化が進行し、最後は致命的な危険がある病気です。

そして、最後の段階で一命を取り留めて、その危険性に気づいたとしても、その後の生活の質は健全な方と比べるととても悪くなることが多いのです。

世代別の高血圧患者の割合は?

世代別の高血圧患者の割合を表にすると下のようになります。

30~39歳 40~49歳 50~59歳 60~69歳 70歳以上
総数 8.7 22.2 40.0 56.3 71.5
男性 19.3 35.8 52.8 67.3 72.2
女性 2.8 15.7 33.1 48.1 70.9

(※参考 平成27年国民健康・栄養調査|第2部身体状況調査の結果より)

男性では40代でも約3人に1人の方が高血圧症で、女性でも50代では約3人に1人が高血圧症だと言うことが分かります。

男女の総数では、60代では半数以上の方が高血圧症であり、そうではない方はむしろ少数派と言うことになります。

皆さんは、「正常高値血圧」と言う言葉をご存じでしょうか?

これは血圧が一般的に正常範囲と呼ばれる上の血圧(収縮期血圧)が140mmHg下の血圧(拡張期血圧)が90mmHg以内であっても高めである患者を指します。

具体的には、上の血圧(収縮期血圧)が130~139 mmHg、または下の血圧(拡張期血圧)が85~89 mmHgの範囲にある場合で、「高血圧予備軍」と言われ、そのまま生活習慣を見直さなければ高血圧症になる確率が高い方を指します。

また古いデータで恐縮ですが、「生活習慣病の調査・統計  一般社団法人 日本生活習慣病予防協会」によれば

厚生労働省発表の「平成18年 国民健康・栄養調査の概要」によると、「高血圧症有病者」は約3,970万人、「正常高値血圧者」は約1,520万人で、合計すると約5,490万人でした。

正常高値血圧に該当する方を含めると、より多くの方が血圧が高めであると言うことになります。

そして、高齢化が進んでいる現代では、高血圧患者は今後さらに増加していくと推測されています。

高血圧症とどのように向き合うかで将来の生活が変わる

高血圧症になってしまうと寿命も短くなりますが、生活の質も大きく低下することに繋がりかねません。

高血圧症の合併症はこれほど恐い!高血圧症を放置した顛末

2018.05.13

脳梗塞や心筋梗塞は、高血圧症になると起こりやすい疾患ですが、もしこのような疾患になってしまったら、ご家族の人生までも変えてしまうことになり兼ねません。

しかし、悲観的なことばかりではなく、高血圧症は生活習慣の見直しにより改善することが非常に多いのです。

多くの方は、この事を聞いたことはありますが、その本当の意味を知りません

「食事や運動を気を付けても、なかなか血圧は下がらないし、めんどくさい・・・」

「薬を飲めば血圧は簡単に下がるし、問題ないだろう」

と思っている方が大多数です。

私は、そう思っていない少数派の患者様が、食事療法や運動療法の継続により「薬が要らない生活」「健康な生活」を取り戻した事実を知っています。

近年、「平均寿命」は伸びていますが、大事なのは「健康寿命」です。

現在高血圧症ではない方も、既に高血圧症である方も、1年後でもなく、明日でもなく、「」から高血圧症とどのように向き合うかにより今後の人生が大きく変わってくるはずです。

このブログでは、高血圧症を一般の方が自分自身で予防し、管理し、改善していくのに役立つ情報を発信していきたいと考えています。

 

以上、「日本人の3人に1人が高血圧と言う事実」でした。

統計の画像

健康な人生を送りたいなら。「トクホ」のヘルケア


ヘルケアは、2016年血圧サプリ売り上げ第1位! 継続率は驚異の92%!
多くの方に選ばれて、その効果に満足された上で継続されています。
「味」や「飲みやすさ」などを確認し、最もお安く購入するにはお試し用を購入された後、30日分を初回半額で購入されるのがお勧めです。




30日分の初回半額はこちら



まずは7日分のお試し用


ヘルケアに関するご質問完全無料の健康相談を「お問い合わせ」より受け付けております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

nine − 3 =