血圧測定をしている方必見!血圧は測定する時間帯により変動する

血圧手帳の画像

診察室で測定した血圧が正常で、家庭で測定した血圧が高い場合は、仮面高血圧と言います。

前回、「仮面高血圧は血圧が上昇する時間帯により分類される」と書きました。

あなたはどのタイプ?家庭血圧と診察室血圧による分類と危険度

2018.05.16

もし、血圧を毎日測定していて正常だと思っていたとしても、毎回同じ時間帯のみに測定しているのであれば、それは高血圧が起きている時間帯を知らずにいるだけなのかもしれません

今回はその詳細を解説したいと思います。

血圧の一日の変動性

まず、仮面高血圧の分類の話をする前に、血圧が一日を通してどのように変動しているのか説明させて頂きます。

通常、血圧は起床時から上昇し始め、活動をする日中に最も高くなります。

その後、夕方から夜にかけて徐々に下がり、睡眠中に最も下がります。

正常な方では、このように血圧には一日を通して変動性があり、これを「日内変動」と呼びます。

仮面高血圧における血圧上昇が起きている時間帯による分類

高血圧、時間帯の画像

このように、一日を通して血圧には変動がありますが、仮面高血圧はこの変動パターンよりも高い血圧を示す時間帯があり、その時間帯により「早朝高血圧」と「昼間高血圧」と「夜間高血圧」に分類されます。

早朝高血圧

診察室血圧が140/90mmHg未満で、早朝に測定した家庭血圧135/85mmHg以上の場合を「早朝高血圧」と言います。

JIN
高血圧治療をされている方の、半数以上の方が早朝高血圧であると言われています。

既に述べたように、人は就寝中は血圧が低くなっていますが、起床時には血管が収縮することで血圧が上昇し、起床することができます。

低血圧の方はこの血圧の上昇が緩やかであるため、目覚めが悪くなります。

目が覚めると交感神経が優位になり、さらに血圧は上昇しますが、この時の血圧が過剰に上がってしまう方は早朝高血圧です。

早朝高血圧になりやすい原因としては以下のようなものがあります。

早朝高血圧は、脳出血脳梗塞などの合併症を突然引き起こす危険性が上昇するため危険です。

JIN
合併症とはある病気にかかった時に、その病気が原因となり発症した他の病気のことです

高血圧の合併症の怖さはほとんどの方は知っているようで知りません。

高血圧症の合併症はこれほど恐い!高血圧症を放置した顛末

2018.05.13

例えば、「アルコールは適度にして休肝日を設ける」「起床時に部屋が暖かくなるようにエアコンなどを設定しておく」「薬の効果が持続していない可能性があるのであれば医師に相談する」などの対策を講じましょう。

昼間高血圧

診察室血圧家庭血圧が正常でも、昼間における職場や家庭でのストレス環境下での血圧が135/85mmHg以上の場合は、「昼間高血圧」と言われます。

健康診断や診察室で高血圧が発見されやすいため、他の高血圧に比較すると問題視されにくいですが、家庭での血圧測定を朝・晩の2回で行っている方はご自身で気づきにくいと言えます。

JIN
職場で血圧が高値を示す「職場高血圧」は、肥満ご家族に高血圧がある方に多いと言う特徴があります。

夜間高血圧

通常、睡眠中では血圧が下がりますが、この血圧が下がらなかったり、むしろ高くなる場合を「夜間高血圧」と言います。

具体的には、夜間血圧の平均が120/70mmHg以上を指しますが、これは自動圧計ABPM)を用いて測定します。

特に、夜間血圧が昼間の血圧に比較して高くなるタイプでは、リスクが高いと言われています。

夜間高血圧では、昼間の血圧測定では正常なため、高血圧の発見が遅れてしまう点が問題となっています。

原因には、以下のようなものがあります。

夜間には副交感神経が優位となり血圧を下げるのですが、自律神経障害はこれがうまく切り替わっていない事が原因で起こります。

就寝2時間前に、お風呂に浸かると交感神経から副交感神経への切り替えがスムーズに行われやすくなると言われています。

血圧手帳を活用しましょう

血圧手帳の画像

過去に何度か紹介していますが、血圧手帳」はご自身の血圧を記録することができ、自己管理することができるため大変おすすめです。

これは処方箋を受け付けしている薬局であれば、無料でもらうことができます。

血圧手帳は、血圧を測定した時間帯と数値を分かりやすく継続的に記録していくことができます。

これをかかりつけの医師や薬剤師に確認してもらうことで、家庭血圧がどのように変動しているのか明確に伝えることができます。

血圧が変動しやすい時間帯のある方や、季節により血圧が変動しやすい方は、是非活用してみて下さい。

 

以上、「血圧測定をしている方必見!血圧は測定する時間帯により変動する」でした。

記事を書き続けれるのはあなたのクリックのおかげです(^^♪


下のバナーをクリック!
にほんブログ村 病気ブログ 高血圧症へ
にほんブログ村
こちらもお願いします!

高血圧症ランキング


バナーをクリック応援よろしくお願いします^^

血圧手帳の画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − 15 =