「もう高血圧の薬を中止してもいいのでは」と思ってしまった方へ

怠けの画像

「最近、血圧は安定しているし、受診しても血圧のことは医師に何も言われない。」

「体のどこかが痛い訳でもないし、薬はもう中止しても大丈夫なんじゃないか?」

と思ってしまう方は意外と多いのではないでしょうか?

実はこれ、先日私の父が実際に言っていた言葉です。

この言葉を聞いて、そう言えば患者様からも度々言われる事があることを思い出し、危機感を覚えて投稿しました。

自己判断での薬の中止は自殺行為に近い

結論から言うと、高血圧の薬を自己判断で中止しては、危険を伴うため絶対にダメです。

「ふらつきなどの低血圧症状がある」、「自己測定した血圧が明らかに低血圧となっている」などがありましたら、自己判断で薬の中止をするのではなく、受診してかかりつけの医師と相談するようにしましょう。

ここでは、なぜ高血圧の薬を自己判断で中止することが危険なのか記載します。

血圧がコントロールできているのは薬を服用しているおかげ

高血圧治療薬によって血圧が正常化した状態が長期間続くと、高血圧症が完治したとのではないかと誤解する方が中にはおられるようです。

普通に考えると当然の事ですが、血圧が正常範囲で安定しているのは、血圧を下げる薬を服用しているためです。

高血圧治療薬は、高血圧症を完治させるものではありません

薬の効果が持続する間のみ、血圧を一時的に抑えるだけなので、中止すれば当然血圧はすぐに上昇します

薬の中止によりリバウンド現象が現れることもある

次に、医薬品には副作用と言うものがあります。

副作用と言うと、多くの方は薬を服用している期間に出るものと思ってらっしゃると思います。

しかし、中には薬の服用中止後に出現しやすくなる副作用もあります。

例えば、急激な中止により、リバウンド現象(薬剤の急激な中止により、薬を服用する前の血圧値よりも血圧が上昇してしまう現象)が起こる薬剤もあります。

寒さ」と「排便」は両方とも血圧を上昇させる要因ですが、このように血圧が上昇している状態で、冬場の寒いトイレで、排便時にいきんだりするとどうでしょうか?
(トイレが高血圧症に要注意である理由は「高血圧症では入浴やトイレには致命的な危険がある!」をご参照下さい。)

想像するだけで恐ろしいです。

高血圧症はサイレント・キラー

また、高血圧症は症状がないまま、ある日突然致死的な合併症を引き起こします。

合併症とは
合併症とはある病気にかかっている時に、その病気に関連して発生する他の病気のことです。

つまり、何か自覚症状が出てくれば受診すれば良いと思っていたとしても、血圧が上昇していたとしても何も自覚できる症状は出にくく、仮に何か症状が出ていたとしても高血圧が原因だとは気づけないことが多いのです。
(詳細は「高血圧を放置してしまう3つの理由」をご参照下さい。)

そして、高血圧の状態では確実に動脈硬化が進行していき、突然致死的な合併症を引き起こします。

このため、高血圧はサイレント・キラーと言われています。
(詳細は「高血圧症の合併症はこれほど恐い!高血圧症を放置した顛末」をご参照下さい。)

高血圧になっている時間帯や季節を知らないだけかもしれない

ご自身で正常範囲で安定していると思っている血圧は、実は時間帯によっては高血圧になっているかもしれません。

これは、通常血圧は1日を通して、時間帯により変動するためです。
(詳細は「血圧測定をしている方必見!血圧は測定する時間帯により変動する」をご参照下さい。)

血圧が下がったタイミングばかり毎回血圧を測定しているのであれば、血圧が上昇している時間帯では高血圧になっているかもしれません。

その状態で薬を中止してしまうと大変危険です。

また、血圧は季節により変動します。

一般的に、冬と夏では冬の方が気温が低いため高くなります

ご自身の正確な血圧を知るには、正確な測定方法が必須です。
(正確な血圧測定に関しては、「血圧を正しく測定するための11ヶ条」をご参照下さい。)

患者個々の血圧の適正範囲は医師の判断により決まる

薬局で患者様に血圧がどのくらいか尋ねると、患者様はご自身の血圧の正常範囲をご存知なようで「血圧は正常範囲だよ」と言われることが多々あります。

医師にそう言われているのであれば、正常範囲だと言えますが、患者個々の血圧の適正範囲は、年齢や合併症、患者背景などを考慮して医師が判断するため、一般的に認知されている140/90mmHg未満であれば全ての方が正常範囲と言う訳ではありません。
(詳細は「血圧の目標値は人により異なる!」をご参照下さい。)

現在の血圧が「正常域血圧」であったとしても、それが本当にご自身にとって適正な血圧であるかは分からないため、このような状態で薬を自己判断で中止するのは大変危険です。
(正常域血圧は、140/90mmHg未満とされています。)

まとめ

血圧の薬を服用して、血圧値が正常範囲に入っているのであれば、医師の判断なしに薬は中止できない。

血圧の薬の中止により、リバウンド現象などの副作用を起こす薬剤もあるため、自己判断での中止は危険。

高血圧症は自覚症状がないまま合併症が進行していくため、放置は危険です。

血圧は1日や1年間を通して変動するため、一時的に低くなっていても、高くなる時間帯や季節はあるかもしれません。

血圧の適正範囲は各個人で違うため、現在の血圧が本当に適正なのかは医師の判断が必要。

このような理由から、薬の中止は自己判断で行うことはせず、医師の指示の下で行うようにしましょう。

 

以上、「「もう高血圧の薬を中止してもいいのでは」と思ってしまった方へ」でした。

怠けの画像

健康な人生を送りたいなら。「トクホ」のヘルケア


ヘルケアは、2016年血圧サプリ売り上げ第1位! 継続率は驚異の92%!
多くの方に選ばれて、その効果に満足された上で継続されています。
「味」や「飲みやすさ」などを確認し、最もお安く購入するにはお試し用を購入された後、30日分を初回半額で購入されるのがお勧めです。




30日分の初回半額はこちら



まずは7日分のお試し用


ヘルケアに関するご質問完全無料の健康相談を「お問い合わせ」より受け付けております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

19 − one =