オルメサルタン(オルメテック)のトリセツ

オルメテックの画像

オルメサルタン(オルメテック)とは

今回はARBのオルメサルタン メドキソミル(以下、オルメサルタン)について解説します。
(ここでの解説は、2017年10月22日時点のオルメテックの添付文書を一般の方でも分かりやすく簡略化・要約・補足したものであり、難解な点や少数の方にしか該当しないような点などは、著者の判断により省略させて頂いています。また、先発医薬品とジェネリック医薬品では、一部添付文書の記載に相違がある場合もあります。ジェネリック医薬品の正確な情報や、各製品の詳細な点につきましては、添付文書情報メニューで当該医薬品を検索してご確認下さい。)

オルメテックは商品名で一般名(主成分の名称)はオルメサルタンです。

ARBについて知りたい方や、オルメサルタンには他の医薬品との合剤も発売されていますので、確認されたい方は、「高血圧治療薬を分類別に解説!ARB・ACE阻害薬とは?」を参考にして下さい。

特徴

オルメサルタンARBの中でも、血圧を下げる効果が特に強いと言われています。

近年、薬剤の費用対効果に注目が集まっています。

高額な薬剤が次々と開発されていますが、薬剤費の増加により医療財政が圧迫されており、どれ程の費用でどれだけの効果があるのかに焦点を当て、費用対効果が低いものは薬価(薬の価格)を下げていくと言う考え方です。

ARBは薬価(薬剤の価格)が高めですので、この点は薬剤選択の際に無視できません。

オルメサルタンロサルタンバルサルタンイルベサルタンよりも費用対効果優れていると報告されています。
(※参考 Miller LA et al:Economic evaluation of four angiotensin Ⅱ receptor blockers in the treatment of hypertension. Curr Med Res Opin,(6):1307-1320,2010.)

また、脳血流を改善したり、脳虚血障害(脳梗塞など)を改善する可能性があることが確認されています。

適応外使用(基本的に保険適用が認められていないもので、一部の例外を除いて全額自己負担となるもの)にはなりますが、片頭痛に対しても効果があると言う報告があります。
(※参考 Charles JA, Jotkowitz B. byrd LH. Prevention of migraine with olmesartan in patients with hypertension/prehypertension. Headache 2006;46:503-7.)

片頭痛を伴う高血圧症の患者様に使用する場合であれば、もちろん保険適用となります。

服用できない方

まず、ARBは妊婦の方は服用できませんので、こちらのオルメサルタン妊婦の方には使用できません

理由は、「妊婦や授乳婦の服用について」の項目で記載しています。

次に、ラジレス(※)を服用してしている糖尿病患者です。
(ただし、他の高血圧治療では血圧が著しく不安定、または正常範囲に入らない患者様は使用を検討します。)
(※ ラジレスについては「高血圧治療薬にはどのような種類があるか?」をご参照下さい。)

これは、オルメサルタンを服用中の糖尿病患者ラジレス服用できないと言うことと同義です。

なぜかと言うと、非致死性脳卒中(致命的ではない脳卒中)、腎機能障害、高カリウム血症や低血圧のリスク増加が報告されているためです。

用法・用量

通常、成人は1日1回10~20mgを服用します。
(効果持続時間が24時間持続しない方、つまり1日1回で服用した場合に薬剤の服用前の血圧値が高くなってしまう方に対しては、医師の判断で1日2回で服用する場合もあります。)

通常は、服用開始時は1日1回5~10mgから始め、少しずつ増量して適切な服用量まで増量します。

ただし、年齢、体重、症状により医師の判断により適宜増減することがあります。

1日最大40mgまで増量することができます。
(当然ですが、自己判断で服用量を変更することはしないようにしましょう。 ここで記載している用法・用量は、医師の判断の下で増減できる量です。)

 

注意事項

  1. 腎動脈狭窄症の患者様では、急速に腎機能を悪化させるおそれがあるので、治療上やむを得ないと判断される場合を除き、使用は避けることとなっています。
  2. 高カリウム血症四肢のしびれ不整脈吐き気などが出やすい)が出現しやすくなります。
  3. 肝炎などの重篤な肝障害があらわれた報告がありますので、肝機能検査を実施するなどして、服用中は肝機能を観察します。
  4. 手術前24時間は投与しないことが望ましいです。
  5. 低血圧になることで、めまいふらつきがあらわれることがあるので、高所作業、自動車の運転等危険を伴う機械を操作する際には注意しましょう。
  6. 以下の方には、低血圧がでやすくなるため注意して下さい。
  • 厳重な減塩療法中
  • 血圧を下げる効果がある利尿薬を服用中
  • 血液透析中

併用には注意が必要なもの

一般名(主成分の名称)を記載し、カッコ書きで先発医薬品(ジェネリック医薬品ではない方の薬)の名称を記載しています。

ジェネリック医薬品では多くの場合、名称が「一般名+剤型+含量+会社名(屋号など)」(剤型とは薬の形態のことです)となっています。

例えば、オルメサルタンOD錠10mg「アメル」のような感じです。
(※ OD錠は口腔内崩壊錠と言う意味で、唾液で溶ける剤型を示します。)

ジェネリック医薬品の場合でも、名称が「一般名+剤型+含量+会社名(屋号など)」となっていないものがあったり、主要なもののみ記載しているため、ここに記載がない場合は「お薬検索[薬事典] – メディカルiタウン」でご自身の服用されている医薬品を検索されると、一般名や分類などが分かります。

血清カリウム値が上昇する恐れがあるもの

  • カリウム保持性利尿剤
    スピロノラクトン(アルダクトンA)、トリアムテレン(トリテレン)、カンレノ酸カリウム(ソルダクトン)
  • カリウム補給剤
    塩化カリウム(スローケー)、L-アスパラギン酸カリウム(アスパラカリウム、アスパラギン酸カリウム)、L-アスパラギン酸カリウム・マグネシウム(アスパラ)など

リチウム中毒がでやすくなるもの

炭酸リチウム(リーマス)
リチウム中毒では、食欲低下、吐き気、下痢、震え、発熱、発汗などの症状が初期に出やすくなります。このような症状が出た場合は受診をお勧めします。)

腎機能障害、高カリウム血症、低血圧を起こす恐れがあるもの

  • アリスキレンフマル酸塩(ラジレス )
  • ACE阻害薬
    エナラプリルマレイン酸塩(レニベース)、リシノプリル(ゼストリル)、テモカプリル塩酸塩(エースコール)、ペリンドプリルエルブミン(コバシル)など

血圧を下げる作用が減弱する恐れがあるもの

非ステロイド性消炎鎮痛剤
ロキソプロフェンナトリウム水和物
(ロキソニン)、ジクロフェナクナトリウム(ボルタレン)、セレコキシブ(セレコックス)、インドメタシン(インテバン)など多数
非ステロイド性消炎鎮痛剤は、市販薬でも該当するものが多数あります。不明な場合は、医師・薬剤師に確認の上で服用して下さい。)

腎機能が悪化する恐れがあるもの

非ステロイド性消炎鎮痛剤
ロキソプロフェンナトリウム水和物
(ロキソニン)、ジクロフェナクナトリウム(ボルタレン)、セレコキシブ(セレコックス)、インドメタシン(インテバン)など多数

副作用の発現状況について

承認時までの臨床試験において、11.4%に自他覚症状の副作用が認められました。

臨床検査値における異常変動の副作用は15.5%に認められました。

起こりやすい副作用と頻度

過敏症

0.1~0.5%未満
そう痒、発疹

血液

0.1~0.5%未満
貧血、血小板数減少
(血小板減少が起きると、鼻血が出やすくなったり、アザができやすくなったりします。)

精神神経系

0.1~0.5%未満
めまい、立ちくらみ、ふらつき感、頭痛、頭重感

消化器

0.1~0.5%未満
下痢

肝臓

0.1~0.5%未満
ALT(GPT)上昇、AST(GOT)上昇、γ-GTP上昇、LDH上昇
(ALT、ASTは血液検査で判定され、異常な場合は肝機能障害が疑われます。γ‐GTPは肝・胆道系の障害で異常値を示し、特にアルコール性肝障害で高値を示します。LDHは肝臓や腎臓、心筋、骨格筋、赤血球などに多く含まれており、これらの臓器などに損傷があるとLDHが血液中で上昇します。)

泌尿器

0.1~0.5%未満
BUN上昇、血清クレアチニン上昇
(BUNは血液検査で判定され、腎障害などで高値を示します。クレアチニンは血液検査で腎機能障害などを判定する指標です。)

その他

0.1~0.5%未満
CK(CPK)上昇、血清カリウム上昇、尿酸上昇、全身倦怠感、咳
(CKは血液検査で判定され、異常値では心筋梗塞や筋炎、脳血管障害などが疑われます。血清カリウム上昇については、注意事項の高カリウム血症を参考にして下さい。)

重大な副作用

重大な副作用は起こる頻度は極めて低いですが、いざ何か徴候や前兆があった場合に副作用に対する知識がないと、自身で適切な判断をすることができません。

このため、重大な副作用についても記載することにしましたが、過剰に心配をして自己判断で服用を中止することなどは絶対にせず、この記事にある情報から何か気になるようなことがあれば、かかりつけの医師や薬剤師に相談するようにお願いします。

重大な副作用の名称については、普段あまり耳にすることがないものが多いと思います。

本記事内で各副作用について詳細な説明をすると、膨大な量になってしまうため、改めて主な副作用については解説をしたいと考えています。

ここでは、一般的に認知度が高くないと思われるもののみ、簡単な説明をつけています。

オルメサルタンの重大な副作用と頻度は以下の通りです。

  1. 血管浮腫(頻度不明)
    (顔面、唇、咽頭、舌などの腫れが出やすくなります。)
  2. 腎不全(0.1%未満)
    (急性腎不全と慢性腎不全があり、急性腎不全では尿が減少したり、全く出なくなることがあります。慢性腎不全では自覚症状は現れにくいです。)
  3. 高カリウム血症(頻度不明)
    (注意事項の項を参考にしてください。)
  4. ショック、失神、意識消失(頻度不明)
  5. 肝機能障害(0.1%未満)、黄疸(頻度不明)
    (肝機能障害では黄疸、食欲不振、倦怠感などが出やすくなり、黄疸では皮膚や白目が黄色くなります。)
  6. 血小板減少(頻度不明)
    (血小板減少が起きると、鼻血が出やすくなったり、アザができやすくなったりします。)
  7. 低血糖(頻度不明)
    (空腹感、発汗、動悸、手指の震え、眠気、脱力感などが出やすくなります。)
  8. 横紋筋融解症(頻度不明)
    (筋肉痛、脱力感、尿が赤褐色になるなどが出やすくなります。)
  9. アナフィラキシー(頻度不明)
    (呼吸困難、血圧低下、喉頭のむくみ・腫れ等が出やすくなります。)
  10. 重度の下痢(頻度不明)
    (発熱、咳、呼吸困難が起こりやすくなります。)

頻度が不明となっているものでも、頻度が高いものはございません。

体調に何も変化がないのであれば安心して服用継続するようにお願いします。

妊婦や授乳婦の服用について

「服用できない方」の項で記載しましたが、妊婦妊娠している可能性のある方は服用できません

理由は羊水過少症、胎児・新生児の死亡、新生児の低血圧、腎不全、高カリウム血症などの重篤な有害事象があらわれたとの報告があるためです。

オルメサルタンを服用中に妊娠が判明した場合には、「直ちに服用を中止すること」となっていますが、処方薬の中止については主治医の指示が必要ですので、すぐに受診をして適切な指示を受けるようにして下さい。

次に、授乳中の方に対しては、服用を中止するか、服用を継続する場合は授乳を中止となっています。
(ただし、かかりつけの医師の指示に従うようにして下さい。)

保管について

オルメサルタンをメトホルミン塩酸塩製剤(メトグルコ、イニシンク、エクメット、メタックトなど)やカモスタットメシル酸塩製剤(フオイパンなど)等と一包化し、高温多湿の条件で保存した場合、メトホルミン塩酸塩製剤又はカモスタットメシル酸塩製剤等が変色することがあるので、一緒に一包化は避けることとなっています。
(一包化については「高齢者が高血圧の薬を服用する際に注意すべき5つの事」を参考にして下さい。)

 

以上、「オルメサルタン(オルメテック)のトリセツ」でした。

血圧が高めの方に適したトクホのご紹介




4週間で血圧がおだやかになる傾向があり!



まずは7日分のお試し用もあります!



当サイトで推奨しているトクホの「ヘルケア」を当サイトから購入された方限定で特典としまして、医薬品や病気、健康食品などの健康相談に関するご質問に無料かつ回数無制限でご回答させて頂いています。

オルメテックの画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × three =