プロフィール

JINのアバター

ハンドルネームはJINです。

大阪府に住む30代の現役の管理薬剤師です。

家族構成は、4人家族で女の子と男の子の子供が一人ずついます。

日々、仕事と育児に奮闘しています。

某大学薬学部を卒業後、某ドラッグストアで2年間市販薬や健康食品に関する知識を身に付け、一般の方に一番身近な医療の相談者として接客を習得しました。

ドラッグストアでは、専門用語を用いずに一般の方にいかに理解してもらうかが重要なため、相手の表情を見ながら理解度を確認しつつ、分かりやすい言葉で丁寧に説明するスキルを学びました。

その後、病院の門前の薬局やドラッグストア併設の薬局などで約10年間医療用医薬品の知識を習得し、健康食品や漢方薬、市販薬に関する知識も深めながら、管理薬剤師として患者様の症状と向き合ってきました。

ドラッグストアでは未病(病気になる前の状態)の方が多く、調剤薬局では既に病気にかかっている方がほとんどです。

様々な疾患や状態の方に、様々な治療方法や予防方法を提供してきました。

「セルフメディケーション」とは、「自分で自分の健康を管理する」と言う意味ですが、セルフメディケーションには、「国民を健康に維持することで、病気になる方を抑えたり、または病気を初期の段階で自身で適切に治すことで、医療費を抑える」と言う目的があります。

最近、セルフメディケーションに関心が集まっていますが、残念なことに、現在インターネットでは「誤った情報」や、「一般の方には理解が難しい情報」や、「断片的な情報」で溢れてしまっています。

特に、「表現の自由」の濫用とも言える、標準的な治療を否定した情報が本当に多くあります。

現在行われている標準的な医療は、世界中の数多くの調査や統計に基づいているものであり、信頼性はとても高いです。

しかし、インターネット上にあるこのような治療法を否定したものは、十分に信頼できる根拠がありません。

または、情報源が信頼できるものであるかのように巧みに表現されています。

一般の方が、このような情報を鵜呑みにしてしまうと、取返しのつかない健康被害が出たり、治そうとしている病気自体がどんどん進行してしまう恐れがあります。

そのような事態を少しでも減らすことができればと願っています。

「セルフメディケーション」の一助として、私の今まで培ってきた知識や経験は、必ずや多くの方の役に立てると信じています。

どうぞよろしくお願い致します。

 

最後に、私の身分を証明するものを個人情報は消していますが掲載しておきます。

薬剤師免許です!薬剤師免許の画像
研修認定薬剤師も持っています!認定薬剤師の画像