片頭痛治療薬で血圧を上げる作用があるもの

片頭痛の画像

知らないうちに飲んでいるかも!?高血圧症に注意すべきもの」で血圧を上げる恐れがあるものには、様々なものがあると書きました。

この中でも、今回は医療用医薬品の「片頭痛治療薬の一部」が血圧を上げることを書きたいと思います。

片頭痛治療薬

片頭痛20~40歳代女性に多く、日本人の約8.4%の方が片頭痛患者だと言われています。

頭痛が頻繁にある方は、よくご自身の症状を片頭痛だと思い込んでいらっしゃる事が多いですが、実は緊張型頭痛であることが少なくありません。

緊張型頭痛は日本人の約22.4%の方が持っていると言われています。

緊張型頭痛では、一般的に解熱鎮痛薬を使用することが多いですが、この解熱鎮痛薬でも血圧は上昇しやすくなります。
(関連記事 「血圧を上げる作用のある解熱鎮痛薬(NSAIDs)とは」)

ここでは、片頭痛治療で使用される医療用医薬品を解説します。

医療用医薬品で用いられる片頭痛治療薬には以下のようなものがあります。

  1. トリプタン系薬剤
  2. カルシウム拮抗薬
  3. 麦角アルカロイド
  4. フェノチアジン誘導体
  5. 抗てんかん薬(バルプロ酸ナトリウム)

高血圧治療薬を分類別に解説!カルシウム拮抗薬とは?」で、「高血圧症に使用されるカルシウム拮抗薬」を解説しましたが、「片頭痛で使用されるカルシウム拮抗薬」は、主に作用の及ぶ器官が脳血管であるため高血圧症で使用されることなく、片頭痛治療薬としてのみ使用されます。

また同様に、麦角アルカロイドは「パーキンソン病治療薬で使用される麦角アルカドイド」と「片頭痛治療薬として使用される麦角アルカロイド」があります。

ここでの麦角アルカロイドとは片頭痛治療薬の麦角アルカロイドを指し、パーキンソン病治療薬として用いられる麦角アルカロイドには片頭痛治療薬としては用いられることはありません。
(ちなみに、パーキンソン病治療薬の麦角アルカロイドにも、血圧を上昇させたり低下させたりすることはあります。)

この中でも、高血圧症の方に特に注意が必要な薬はトリプタン系薬剤麦角アルカロイドです。

トリプタン系薬剤

現在、トリプタン系薬剤は片頭痛治療で第一選択薬(一番最初に使用を検討する薬剤)となっており、多くの片頭痛患者が使用しています。

トリプタン系の薬剤の作用の仕方は、片頭痛発作により過度に拡張した血管を収縮させて、片頭痛を改善すると言われています。

このため、トリプタン系薬剤血圧を上げてしまう副作用があります。
(血管収縮と血圧上昇の関係は「そもそも血圧とは何か?」をご参照下さい。)

トリプタン系の薬剤を一覧にすると、以下のものがあります。

一般名(※) 商品名(先発医薬品)
スマトリプタン イミグラン
ゾルミトリプタン ゾーミッグ
エレトリプタン臭化水素酸塩 レルパックス
リザトリプタン安息香酸塩 マクサルト
ナラトリプタンン塩酸塩 アマージ

(※ 一般名とは、薬剤の主成分の名称となります。)

商品名には先発医薬品(ジェネリック医薬品ではない薬)の名称を記載していますが、ジェネリック医薬品(後発医薬品)の場合は、多くが「一般名+剤型+含量+会社名(屋号など)」(剤型とは薬の形態のことです)となっています。

例えば、リザトリプタンOD錠10mg「ファイザー」のような感じです。

ジェネリック医薬品の場合でも、名称が「一般名+剤型+含量+会社名(屋号など)」となっていないものがあったり、主要なもののみ記載しているため、ここに記載がない場合は「お薬検索[薬事典] – メディカルiタウン」でご自身の服用されている医薬品を検索されると、一般名や分類などが分かります。

ご自身の服用されている医薬品の禁忌項目や副作用などの詳細については、「添付文書情報メニュー」をご参照下さい。

トリプタン系の血圧上昇以外の主な副作用

  • 胸部不快感
  • 咽頭灼熱感
  • 息苦しさ
  • 顔のほてり
  • 脱力感
  • 動悸

などがありますが、一過性のもので使用を継続すると副作用が軽減したり消失するものが多いため、危険性が高いものはありません。

麦角アルカロイド

麦角アルカロイド血圧を上昇させる副作用があります。

トリプタン系薬剤を使用しても頻回に頭痛が起こる場合に使用を検討されます。
(一般的には、麦角アルカロイドよりもトリプタン系薬剤の方が、片頭痛に対して有効で副作用は少ないと言われています。)

片頭痛治療における麦角アルカロイドは以下の一つだけです。

一般名 商品名(先発医薬品)
酒石酸エルゴタミンの配合剤 クリアミン塩酸塩

以前は、ジヒデルゴットと言う製品がありましたが、ジヒデルゴットは販売中止となり、2017年4月以降は処方箋により調剤できなくなりました。

クリアミン塩酸塩血圧上昇以外の副作用は吐き気が多く、吐き気が起こる前に制吐薬を服用するように医師から指示される場合もあります。

クリアミン塩酸塩妊娠中授乳中の方や、心臓弁膜症などがある方は服用できません。

トリプタン系薬剤や麦角アルカロイドを使用する際の注意点

高血圧症があり頭痛を頻繁に繰り返している場合などでは、自己判断で市販薬の鎮痛剤を飲み続けるのではなく、まずは受診をすることをお勧めします。

しかし、このような場合でも、片頭痛の治療のためにトリプタン系薬剤や麦角アルカロイドを使用しなければいけない時もあります。

高血圧症はあるが、トリプタン系薬剤や麦角アルカロイドを服用しなければいけない場合は、血圧を家庭で自己測定し、薬を服用後に普段よりも血圧が上昇していることがあれば、受診してかかりつけの医師に相談するようにしましょう。
(血圧を正確に測定する方法については、「血圧を正しく測定するための11ヶ条」をご参照下さい。)

 

以上、「片頭痛治療薬で血圧を上げる作用があるもの」でした。

記事を書き続けれるのはあなたのクリックのおかげです(^^♪


下のバナーをクリック!
にほんブログ村 病気ブログ 高血圧症へ
にほんブログ村
こちらもお願いします!

高血圧症ランキング


バナーをクリック応援よろしくお願いします^^

片頭痛の画像

2 件のコメント

  • こんにちは。ランキングから来ました。
    片頭痛の対処法で服薬することがありますが
    頭痛と血圧の関係を考えたことはなかったです。
    手持ちの薬を確認したいと思います。
    情報ありがとうございます♪

    • コメントありがとうございます(^^♪
      片頭痛ではトリプタン系の薬はよく処方されるのですが、血圧が高めの方や高血圧治療をされている方は多いですね。
      服用後に血圧が高くなるようなことあれば、医師に相談してみて下さいね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    7 − one =